カーポート屋根交換

 早いもので12月10日も過ぎようとしております。 前回の投稿からずいぶんと日にちが経ちましたが、この間パソコンがギブアップし、新しくパソコンを買い代えたり時間があるとDIYにはまったりとしておりました。


 さて、先日カーポートの屋根が古くなってきたので交換することにしました。


 以前、近所のお子さんが近くで野球をしていた時のボールで屋根が破損したのを修復したりしておりましたが、ご覧の通りの状況でした。 元々古くなっていたのかもしれませんね。 


 話は戻りますが、資材はよく行くホームセンターでポリカ波板網入り9尺を買い求め、測っておいた長さにホームセンターでハサミをお借りしてカット。(本当は、カットしてくれませんかと言いましたら自分でカットするのだそうです。笑い)
 
 
 そして、上記の資材等を調達し、まず屋根部分のフックの頭を抜き取り、ポリカの反対側から木槌でたたきながら、屋根をはがしていきました。




 木槌だと思いのほかポリカが壊れず、すぐとれました。


 また、フックボルトの溝に挟まったボルトも抜き取り、フックの溝も水で綺麗に掃除。 フックの溝を水で流しながら今更ながら、桜島の灰が沢山詰まっているなと思いました。



  
 次に、フックの溝を綺麗にした後、仮並べとしてポリカ波板を重ね、重ねた部分の寸法を確認し1枚ずつはんだごてで穴をあけ、穴をあけたところにフックボルトを組み込んでいきます。  
>

 フックボルトはステンレスのワンタッチを使用し、ドライバーでフックを押し90°回しながら溝にひっかけていきます。


 波板を1枚ずつ、重ねた波板の部分の寸法を確認しながら2枚、3枚、・・・と合計9枚分重ねていきました。


 そして、やっと出来上がりました。 本当は2時間位でできる予定でしたが、ステンレスの釘の長さが短いものにした為、倍弱の3時間30分かかりました。




 初めてでしたが、思っていたよりよくできました。

 何でも、プラン[(計画、今回も、見取り図から寸法、処置・資材含め分からない所は確認)」だなと思いました。

 
                              かかった費用材料のみ約23,000円


 カーポート交換のコツ
 ・事前に寸法及びラフな見取り図でもいいので用意、分からない所は確認する事。
 ・ポリカ波板を組み込むには、先端部分を先端部分の溝に合わせ、下部分を両脇に抱えながら弓なりにして、下部分の溝にはめ込む。
 ・フックボルトを入れ込む穴は、はんだごてで穴をあける。はんだごてが、なければ100円ショップでも売っています。


 ブログを見ておられる方も時間がありましたら是非挑戦してみて下さい。 


 それではブログをみて下さった方がより良い日をお迎えします様に!


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック