セキュリティ

 新年の挨拶も遅れ、久々の投稿となり恐縮しております。 この間、腰痛に悩まされたり新しいソフトを購入したので、仕事の合間に覚えたりとある面忙しく日々送っておりました。


 さて、題記のセキュリテイですが昨年、発生した大手企業や政府機関でのサイバー攻撃を契機に、標的型サイバー攻撃(電子メールで組織内の個人にウイルスなどを送るなどしてシステムへの侵入経路をつくる手法)のニュースが多くなってきました。
 

 この標的型サイバーは、実在の人物になりすますなどして相手を信用させ更には感染したパソコンを外から操り、企業の顧客情報や社員の認証ID情報を盗んだり、社内システムを攻撃しシステムそのものを破壊。場合により企業そのものや工場の休業に追い込んだりします。


 従来は、愉快犯といわれるメールでのウィルスバラマキであったが最近は、上記の様に手のこんだものへと変わり犯罪化となってきています。


 この様なことにならない為にも、先ずは自己の適切な管理が求められます。 例えば自己のID・パスワード、ファイルの共通、USB、PCの持ち出し・紛失盗難、廃棄PCの処理など含め適切なセキュリティ管理である。


 とはいうもののID?、パスワード?意外と覚えていないものである。 私自身今までID、パスワードをPCメモとノートにID、パスワードを管理していたのだが、昨年末PCが寿命となりノートも中々見つからない。


 1年毎の更新であるのでID・パスワードも覚えていない。また、登録時のメールも変更したので覚えていない。 困ったな〜と思いながらも何とかID・パスワードを思い出し事なかれとなったのだが、気をつけたいものである。 とほほ悲しい

 人に言う前に自分から自己管理である。

 それではブログをみて下さった方がより良い自己管理ができます様に!
  

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック