さやえんどう栽培

 さやえんどうの種まきは10月から11月下旬までであるが、昨年の12月初めに100円ショップで2袋で100円のさやえんどうの種を買い求めダメ元で栽培しました。

 12月何の音沙汰もなく1月にようやく発芽しました。 その後、ゆっくりながら生育。

  2月中ごろの写真。

  うどんこ病を発症しながらもだんだんと生育。

  花も白かとおもいきや綺麗な紫色、ワインレッドである。


 3月の強風にあおられ枝が折れてしまうアクシデント。

 カットしようかと思いましたが、枝とはいえ必要な枝か必要でない枝かはさやえんどうが決めると思ってつま楊枝で補正、補強する。


 枝が折れたのはみじんもせず元気に生育。

 
 このころはジャイアント馬場よりも背が高くなり通常は生育をカットするのだがそのままにする。


 強風が続いているので200僂了拊譴鬘核槓箒する。


 沢山のさやえんどうが付き食する分のみいただいています。楽しい






 背が伸びないさやえんどうであるが、駄馬には駄馬の意地があるということなのか20儖未任發気笋┐鵑匹Δ亮造鬚弔韻討い泙后(決して馬ではありません。)
 



 (5月15日更新分、)
 
 えんどう豆ご飯を2回程いただきました。
 

  

 ※野菜作りは色々と教えてくれます。 ありがたいことです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック