えんどう豆栽培

 昨年さやえんどうを栽培し、プチ農業も2年目となりました。 2年目になりますとかなり知識が増えると共に多くの野菜を栽培してきましたので色々とアレンジして楽しんでおります。

 えんどう豆は、昨年10月に種をまきました。

 ところで、さやえんどうとえんどう豆の違いは、花の色が違う。

 また、豆を食べる実えんどうと豆が大きくなる前に若取りし、さやごと食べるさやえんどうの違いなんですね。

 どちらも、えんどう豆ですが、完全に熟して豆として収穫するのか、若いさやの状態で、中の豆がある程度膨らみ柔らかい豆の状態で収穫すのかで呼び名が変わるそうですね。

 ともあれ下記画像をご覧ください。
 10月に種をまき3週間位で芽がでて来ました。



 11月中旬から12月




 2月位から大きくなってきました。 また、病気もなく元気に育っています。


 3月に入りぐんぐんという言葉が合うように大きく育ってきました。
 風対策として、両面にネットを張りました。

 最近では、私の背丈を大きく超え2m超えています。(2m15僂△蠅泙靴拭) 

 花の色は白です。 さやえんどうは、紫というかワインレットです。



 ポイント:土づくり(土壌)に努める。 土を耕し連作を避けたい肥を投入。
      最初にガツンとたい肥を投入。
      追肥は、2月〜3月頃に少し投入。
      水を毎日あげる。(私の場合は) 日当たりのいい場所を選ぶ。ですが、
 一番のポイントは、植える時期に植えるです。
 エンドウ豆は10月〜11月上旬。さやえんどうは11月下旬まで。と思う。

 後1〜2ヶ月弱で収穫ですが、えんどう豆の支柱は次のきゅうりをみこし2m75僂△蠅泙后
 どこまで伸びるか楽しみです。(笑い) 

 昨年きゅうり、にがうりは2m75僂泙任いました。

 

 なんて楽しんでいます。

 それではブログをみて下さった方にいいことがあります様に

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック