朋あり遠方より来る。

 朋あり遠方より来る。とは、とてもおこがましいが静岡から松村夫妻が鹿児島にきてくれました。 


 松村さんは、今年の3月末まで静岡伊勢丹の社長として頑張ってこられ今回勇退し奥様と九州を旅行。 鹿児島にもいくので会おうとお声掛け頂いた。


 松村さんとは、東京時代同じ職場で若い頃から兄みたいな存在で仕事が終わるとよく飲み、また飲み、遊びそして、色々と仕事も教えていただいた間柄であり私が地場鹿児島に戻った時も色々と取引先様をご紹介いただいたりとお世話になりぱなしでありました。


 宿泊のホテルで待ち合わせ、電話のやり取りはしておりましたが会うのは実に9〜10年ぶり。 相も変わらぬ優しい笑顔にお互いにやりとしながらの再開でした。


 ホテル近くの分家無邪気で杯を交わせ昔話に花が咲き、笑った笑った。


 半年分の笑いではないだろうかと思うほど笑いながら、奥様も穏やかな方でやさしい瞳を傾けながらの実に楽しいお酒でありました。


 その後、カラオケで歌を午前様が来る前にホテルにお送りさせて頂きました。 鹿児島についたばかりの午後6時からお会いし最後は、私が酔いで訳が分からない位でしたが、若い時分の様にやさしくお付き合いいただき益々人間の器が大きくなられておられこの人にはかなわないと思う程でした。


 また、奥様は茨城で拝借景ここをクリックの大家さんでもあり若手アーティストを支援されており、実に穏やかな優しい方である。

                              

 
 鹿児島には、小柴さん、倉田さん、地下さん、赤澤さん、森田さん等始め元同期の友人らが来てくれております。
 有難いことです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック