手作りビニールハウス

 一昨年の6月、手作りビニールハウスを作成したのであるが、今年6月えんどう豆の収穫前に作り直し、今12月にサイド側にもビニールを貼りました。

今年6月、
従来のビニールハウスの100円棒(支柱)を抜き取り更地にする。


等間隔に、100円棒(支柱)を立てる。 穴は、ルーバルに金槌で叩き、穴を深く掘り、深くほった穴に支柱を差込む
そして、支柱には添え木ならぬ添え鉄・金属を打ち込み強度を強くします。




前と同様、水道パイプを折り曲げながら骨組みを作ります。


支柱と支柱の間は、これも100円棒を使い、強度をつけます。


以前、使用していました農業用ビニールをかぶせます。


今。12月にサイド側にもビニールを貼り完成したのがこちら↓


材料は、水道パイプ及び連結、杭16個、厚めのビニールなど





水道パイプに穴をあけ、ビニールを巻きつけた上に、穴があいてる所に、きりで再度穴をあけ、園芸用針金を通します。
通した針金(ビニールが貼ってあります。)をそれぞれの支柱に絡めていきます。




扉は、スライド式にしたい為、水道パイプと連結を使い作成。 その上にビニールを貼ります。


これも、空けた穴に園芸用針金を差込ます。
扉と水道パイプに100円棒(小)を入れ、100円棒(小)を支柱に固定。
扉と、水道パイプ(100円棒の小)と支柱を結束バンドで固定。 スライド式にする。
尚、扉(外側)にパイプを取り付け、引き戸として使用。





付け足しでありましたが、まあまあうまくいきました。

屋根のビニールは、以前のもの使用した為、破れてきたら現在使用のビニールに変更予定。



ハウスの中のレタス、大根も順調に育っています。 夏になったら、サイド側のビニールを下げて使用予定。
上下の写真は、小屋の道具棚。(道具がすぐ見つからないと探す時間がもったいないので整理しています。)
なんて。

point:
100円棒でも、強度を強くすれば立派なものができます。
  ▲咼法璽襦丙禿拌Α砲両紊鬚△訥度調整し、下側のビニールに杭を金槌で叩き入れ、再度上で調整する。
  
予算:18,000円強。(ビニール・遮光ネットで12,000円かかりました。)

時間: 6月 2H×2,1.5H×4
   12月 2H×1,1.5H×5セット
オリジナルなので色々な工夫をしております。 自己満足。
何とか12月中に完成しました。

それではブログをみて下さった方にいいことがあります様に!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック